花嫁

レストランで格安結婚式┃料理の質が良く満足できる

結婚式の縁の下の力持ち

式場

結婚式などでの二次会の幹事は、とても重要な役割です。幸せの門出を祝う延長のため、ゲストが皆楽しく、盛り上がるようなものを考えなくてはなりません。二次会の幹事に任命された場合、当日は段取りや司会などの仕事がありますが、一番重要なのは当日までの準備です。まず、二次会の幹事に任命された場合最初に行うことは、幹事グループを作ることです。場所の手配や招待状の作成など細かな事務作業も必要となるため、一人で行うのには無理があります。何人かに声をかけ、まずはグループを作って行うことを割り振っていきます。その後、招待客のリストが決まったら、主役二人からそれをもらい参加人数などを決めて行き、同時に二次会の会場やコンセプトなども大まかに決めて行きます。

参加人数や場所が決まったら、次に決めることは二次会の内容です。二次会の場合でも、場所によっては新郎新婦の入場やスピーチなどもある場合があるため、時間内に何をするかをきちんとタイムテーブルを作成して無理のないように考えましょう。内輪受けするものではなく、皆が楽しめるようなゲームや、ムービーを使った演出などがオススメです。演出内容が決まったら、それに必要な小物を準備します。例えばビンゴをやる場合であれば、景品などが必要となります。このようなことが大まかに決まったあとに、参加客の会費を決めていき、全体の予算を把握して行きます。このように、幹事の仕事は準備の段取りがとても重要です。素敵な二次会になるように、細かな打ち合わせを重ね、しっかりと準備を行っていきましょう。